勝手なはなし

ssplan1950.exblog.jp
ブログトップ

【再エネ】太陽光発電の買い取り価格 新年度に22%引き下げへ

太陽光で発電した電気の買い取り価格が、新年度(2019年度)に20%余り引き下げられる見通しになりました。これにより、一般の家庭では再生可能エネルギーをめぐる料金負担の抑制につながることが期待されます。

太陽光などの再生可能エネルギーは、国が毎年度、決めた価格で、電力会社が事業者から買い取ることを義務づけ、そのコストは家庭の電気料金に上乗せされています。

このうち最も件数が多い、発電能力が500キロワット未満の太陽光について、経済産業省は1キロワットアワー当たり、現在18円となっている買い取り価格を、新年度は22%引き下げ、14円とする方針を固めました。

太陽光の買い取り価格は、参入を後押しするため高値に設定されていましたが、その一方で、家庭にとっては上乗せ料金の負担が重いという指摘も出ていました。

経済産業省としては太陽光パネルなどのコストが下がってきていることから、買い取り料金を早ければ、2022年度に今の半額以下に引き下げる方針を示していて、今後、家庭の負担抑制につながることが期待されます。

経済産業省はこれらの見直し案を9日に開かれる審議会で、正式に決めることにしています。

2019年1月9日 5時27分
b0163004_09422575.jpg

そんなもんだろなと思ってた

主要電力が買い取らないって言ったら終わりなだけ
固定価格なんてないようなもの

いきなり20%以上引き下げの14円はやり過ぎだろ。
そこまで1年でパネル効率は上がってない。
パネルの効率上昇分が1年でどの程度上がったか反映させ、
徐々に下げていかないと業者が潰れてしまい
メンテナンス出来なくなってしまう。

家庭での太陽光発電は将来的に破綻すると思う
部品の交換が高くて損するんじゃないかな


パネル代の仕入れは下がってるのに売価はあまり下げずにウハウハしてた業者もあまり儲けられないな、これは業者の儲けをかなり削らないとどうやっても顧客の採算とれないもん

投資詐欺のかぶちゃん農園のメガソーラーどうなるんだろう

↓ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

にほんブログ村
にほんブログ村
by ssplan1950 | 2019-01-09 09:43 | へんな話