人気ブログランキング |

勝手なはなし

ssplan1950.exblog.jp
ブログトップ

光回線サービスで騙される高齢者急増 NTT東西や関連会社であると誤認させるケース

b0163004_07095222.jpg
国民生活センターによると、全国の消費生活センターに寄せられた「光コラボ」に関する相談は、2015年1月~2018年5月までの約3年半で、合計4万5380件にも達している。

【事例1】契約先のプラン変更と思ったら、別業者との契約になっていた。

元々契約していた大手通信事業者Aを名乗り、電話で「光コラボのご案内です。現在の料金よりも1000円ほど安くなります」と勧誘された。
光コラボが何かもよくわからなかったが、A社だと思い信用してしまい、相手のガイダンスに従ってパソコンで転用承諾番号を取得して手続きをした。
電話の最後に「後からB社から電話がある」と告げられた。
B社からの電話があり、「後日契約書面を送ります」と言われた。しかし、A社から勧誘されたのに、B社と契約するのはおかしいと思い、
A社に確認すると「そんな勧誘はしていない。B社に解約手続きが必要だ」と説明された。B社に何度電話しても話中でつながらない。(60歳代男性・神奈川県)

【事例3】「料金が安くなる」と言われ契約したら、オプションで高額に。

大手通信会社の関連会社と思わせる事業者から勧誘電話があった。「安くなる」というので申し込んだ。事業者の指示でウェブページから転用承諾番号を取得して伝えた。
払込用紙が届いたので請求内容を確認すると、契約した覚えのないパックのオプション料金1000円と、払込用紙代の手数料が加算されていた。
事業者に問い合わせたが、担当者から折り返すと言ったまま連絡が来ない。 (30歳代女性・青森県)

【事例4】スマホの説明を聞きに行っただけなのに、光回線の転用手続きが行われていた。

新しいスマホに興味があったので携帯電話会社の販売店に説明を聞きに行った。契約はしないことを前置きに、個人情報を伝えて機能や料金プラン等の説明を1時間ほど聞いた。
後刻、自宅のメールアドレスに契約先の大手通信事業者から転用手続きと違約金約1万円を請求するというメールが届いた。大手通信業者に問い合わせると、
「光回線の転用申し込みがあったので連絡した」と言われた。転用を了承した覚えはない。(70歳代、男性・福島県)

詐欺の国

なぜ日本には情弱ビジネスが多いのか
答えは簡単
過酷な営業ノルマを課せられるから

訪問と電話営業法律で禁止すればなくなるよ
「NTTから委託されて」とか「光コラボで二重契約になってる可能性がある」とかモロ言ってるからな
これはリテラシーない奴は結構騙されると思う
以前あたかもNTTの部署名かと思うような会社名からの電話もあったわ
ネット関連は契約詐欺が多いわ
大型電気店でビンゴゲームやってるのもアレだろ
光回線の接続料を一律1000円にしなさい
堂々とNTTのフレッツ光を名乗ってくる業者もいるからかなり悪質

オプションとか付ければ代理店が儲かる仕組みに規制かけりゃいい
代理店には基本契約しか収入が無いようにすればいい
そうすりゃ騙してまでオプション付けることは無くなる
そもそもオプションで利益を出しちゃダメだな。そこは顧客サービスで実費のみにしないと。

勧誘停止登録したら少しは減ったよ
それでもかかってくるけど勧誘停止登録してある旨伝えて電話切ってる

↓ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村
にほんブログ村

by ssplan1950 | 2018-08-10 09:05 | へんな話