人気ブログランキング |

勝手なはなし

ssplan1950.exblog.jp
ブログトップ

NEC、富士通、東芝といった国産パソコンが中華パソコンに完敗した原因はなんなの

東芝も陥落 パソコン日本勢、どこで間違えたか

東芝は5日、シャープにパソコン事業を売却すると発表した。東芝は世界初のノートパソコン「ダイナブック」を生んだ草分け的存在だが、実質的にシャープの親会社である台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入る。
NECや富士通もパソコン事業を中国企業に売却しており、日本勢のパソコンは外資に敗北したといえる。その背景からは、標準化、低価格化、商品企画力という日本企業の製品作りの弱点が浮かび上がる。


怠慢

企業や公官庁や学校などに納入するビジネスに頼りきっていたから
大昔の一太郎、ロータスモデルから抜け出せず
低スペ、ゴミソフトのてんこ盛りで消費者を騙そうとしたから

まずノートパソコンの開発費回収という目的で無駄に高くしすぎた
格安モデル作りまくった中華は大成功してる
ジャップに商売は難しかったな

上司が無能だから
パソコンで惨敗したのと全く同じだよなスマホも
同じ失敗繰り返してる
Panasonicはいいよね
b0163004_05403784.png


ブロクランキングに参加しています。よかったらポッチとしてください♡





by ssplan1950 | 2018-06-06 10:00 | へんな話