人気ブログランキング |

勝手なはなし

ssplan1950.exblog.jp
ブログトップ

【ナマポ】生活保護費の不正受給、10年で6・5倍…千葉

2016年度に千葉県内で確認された生活保護費の不正受給件数が1840件に上り、10年前の約6・5倍となったことが、県と千葉市のまとめでわかった。

県と千葉市によると、不正受給の件数は06年度、281件だったが、08年のリーマン・ショック後、受給者が増えるにつれて急増。11年度には1000件を突破して1411件に上り、近年は1800件前後で推移している。不正受給の総額も06年度は約2億8325万円、11年度は約7億6926万円と増加。ピークは13年度の約9億5956万円だったが、最近も8億円台が続いている。

16年度の生活保護の受給世帯数は6万4686世帯で、06年度の3万4122世帯の約1・9倍。不正受給件数は、これを大幅に上回るペースで増えている。

生活保護制度は、給料や年金を得ている場合、減額される仕組みだ。しかし、収入があるのに申告しない事例が多く、県健康福祉指導課によると、近年は高齢者の不正受給が目立つようになったという。「年金が足りない」などの理由で生活保護費を受給するようになった高齢者が、雇用情勢の改善による人手不足の中、短時間働いて得た収入を申告しなかったケースが増えたと同課はみている。

自治体は不正受給分の全額返還を受給者に求めており、悪質な場合は刑事告訴することもできる。課税調査の徹底などで、以前より多く不正を突きとめられるようになっており、同課の担当者は「たとえ少額であっても、収入があればきちんと申告するよう受給者に説明していきたい」と話している。



YOMIURIONLINE 2018年3月25日 09時02分


b0163004_06244106.jpg
本当の困窮者が馬鹿を見る社会は止めよう、此の手の輩は牢獄へ
詐欺罪適用にならんの?
仕事のできない公務員を放置し続けた末路
一度生活保護制度撤廃したら
>>近年は高齢者の不正受給が目立つようになったという

年金加入すらしてなかった高齢者が実は多いという事実
当時、払ってももらえないと言って払わない馬鹿や
会社側が流用して無加入だった馬鹿とか
団塊世代以上の2割が、その類い

受給者から受刑者へ
マイナンバーで筒抜け。
一度、全員に再申請してもらったらいい
>近年は高齢者の不正受給が目立つようになったという。

首都圏にも急激な高齢化が来たってことだろ
生活保護の60%が60歳以上らしいから



今日も読んでくれてありがとうございます。!(^^)!応援よろしくお願いします。下の水戸情報をクリック
お願いします。





by ssplan1950 | 2018-03-29 10:00 | へんな話