人気ブログランキング |

勝手なはなし

ssplan1950.exblog.jp
ブログトップ

【社会】柔道整復師の保険金詐欺が多発「有効対策ない」

柔道整復師(柔整師)による保険金の不正受給が山形県内で相次いでいる。

 1日には、鶴岡市で接骨院を営んでいる男ら2人が詐欺容疑で県警に逮捕された。柔整師の逮捕は今年に入って2人目。昨年6月には山形市の柔整師が有罪判決を受けている。業界団体の県柔道整復師会(山形市)は、不正防止の通知を全会員に出すなどしているが、相次ぐ不正発覚に、「有効な対策が見つからない……」(幹部)と頭を抱えている。

 1日に逮捕されたのは、鶴岡市の柔整師の男(60)と、同市のアルバイト店員の女(28)の両容疑者。県警の発表によると、2人は、交通事故でけがをした女の施術名目で昨年2~7月、通院日数を127日分水増しして保険会社に保険金を請求し、計約176万円をだまし取った疑い。2人は「127日間全て通った」などと容疑を否認しているという。

 捜査関係者は、女は首にけがをしたが、全治7日だったとみている。

 ◆不正防止へ文書配布 

 柔整師を巡っては、山形市で接骨院を営んでいた男が保険金約1053万円をだまし取ったとして、昨年6月に懲役3年、執行猶予5年の判決を受けた。今年1月には休業保険金名目で133万円をだまし取ったとして、天童市の男が逮捕・起訴されている。

 不正受給が相次いでいることを受け、山形県柔道整復師会は2016年11月と今年1月、全会員に保険金請求の不正防止などを呼び掛ける文書を配布。今月11日には山形市で全会員を対象に、緊急全体会議を開催する予定だ。

 ◆基準ない治療費

 山形市と今回の鶴岡市の事件では、交通事故に適用される自賠責保険制度を利用し、保険金を不正請求したとみられている。自賠責保険は健康保険のように治療費の基準がなく、柔整師の裁量で料金を決めることができるうえ、同会の斉藤勝典会長(68)は「会などが書類を審査する健康保険と違い、不正のチェックが難しい」と話す。

 また、県警幹部は「地方の整骨院では客の取り合いとなっている」と、不正受給が相次いでいる背景を分析する。規制緩和で、柔整師の数は16年に全国で6万8120人となり、10年前の約1・8倍に増えた。一方、交通事故の負傷者数は年々減少傾向にある。

 厚生労働省は健康保険の不正防止に向け、療養費の請求を行う施設管理者の柔整師の要件を厳しくするなどの対応を決めた。自賠責保険に関しては「警察との連携強化や、情報提供のホットライン設置などの対応が取られている」(損害保険料率算出機構)という。

 県柔道整復師会は「一部の柔整師の不正によって業界全体の評判が落ちることは遺憾。業界挙げて再発防止にさらに力を入れたい」としている。

2018年02月04日 09時40分

b0163004_07102210.jpg
専門卒の保険詐欺集団が柔整
不正請求について問われると「~もやってるし」など不正請求そのものについて一切否定はできない
スピード違反で捕まってあいつもやってるレベルの言い訳
そもそも存在価値がない
保険請求をやめさせれば解決
厚生労働省無能過ぎるだろ
「特別監査」の数を増やして、不正があれば「業務停止」&「免許取り消し」にすればええねん。
ってか医師やら理学療法士がおる「整形外科」でええがな。
接骨院の療養費詐欺で住吉会系組長ら14人逮捕

住吉会系暴力団組長らが接骨院の療養費や医院の診療報酬をだまし取ったとされる事件で、警視庁は
6日、同組長で無職三戸(みと)慶太郎容疑者(49)(東京都新宿区)ら男女14人を詐欺容疑で逮捕
した。
同庁は、三戸容疑者が接骨院の実質的経営者で、請求代行業者を使って療養費を不正に請求したとみて
おり、7日に暴力団事務所など関係先を捜索し、実態解明を進める。
ほかに逮捕されたのは、会社役員早川和男(38)(江東区)、キックボクシングジム経営尾高仁
(35)(埼玉県熊谷市)、不動産業波田則和(37)(港区)、柔道整復師穴田真之(27)(千葉市
緑区)の4容疑者と、同会系組員3人など。
発表によると、三戸容疑者らは2011年8月13年6月、穴田容疑者が院長だった東京都杉並区の
「杉並すこやか接骨院」で、組員ら4人が施術を受けたなどと偽り、4人が住む新宿区や渋谷区などに
療養費計約45万円を不正に請求し、だまし取った疑い。
調べに対し、三戸容疑者は容疑を否認し、早川容疑者は「一部はその通りだ」などと供述。尾高、
波田、穴田3容疑者は容疑を認めているという。
療養費の請求手続きは、波田容疑者が経営する請求代行業者が行い、金は接骨院の開設者の口座に振り
込まれていた。同庁は、だまし取った療養費が最終的に三戸容疑者に流れたとみている。
三戸容疑者らはほかにも複数の接骨院や医院、歯科医院で組員らが施術や治療を受けたと装い、代行業
者を通じて不正請求を繰り返していたという。同庁は詐取総額が1億円超に上るとみて、裏付けを進める。   http://www.yomiuri.co.jp/national/20151106-OYT1T50132.html 

不正請求はびこる接骨院、暴力団の資金源にも   
動き始める健保組合、運用次第で療養費は3割減  
昨年11月に暴力団組長らが詐欺容疑で逮捕された接骨院の療養費不正受給事件。
以前から、接骨院業界は不透明な保険請求が蔓延しており、暴力団に目を付けられた。
タレント医師が関与する同種の事件も起きており、問題の先送りはもう許されない。
「何だ、これは?」――。昨年9月、東京都に本社を置くA社の健康保険組合の担当者は、都内の整骨院(接骨院)から提出された2枚の療養費の申請書類を前に、思わず首を傾げた。 
整骨院や接骨院は、国家資格を持つ柔道整復師(柔整師)が施術に当たる。特定の療養には健康保険が適用され、保険から療養費が支払われる。 
2枚の申請書は、何れもA社の被保険者である佐藤美代さん(仮名)の4月分の請求で、1枚は東京都渋谷区のX整骨院(実際は“X”の部分に人名が入る)が、
もう1枚は渋谷区の別の地にあるX整骨院の支店が作成していた。不可解なのはその中身。
店舗は異なるにも拘らず、負傷名・負傷年月日・施術開始&終了年月日・施術日・請求金額等、施術の内容欄は全く同一だったのだ。
この書類を見る限り、佐藤さんは左膝と右足首の捻挫で、4月に計10日間に亘ってX整骨院とその支店に通院して、其々の店で施術を受けていたことになる。
だが、それはあり得ない話だった。佐藤さんは埼玉県在住・在勤。捻挫しながら、通勤ルートに関係なく、電車で1時間半近くかかる渋谷区の、
しかも離れた場所にある2ヵ所の整骨院に通院するとは考え難い。健保担当者のそうした読みは的中した。
佐藤さんにヒアリングしたところ、実は過去に一度も整骨院にかかったことは無く、X整骨院も支店のことも知らなかった。捻挫の事実も無かった。
本人の健康保険証と自宅住所の情報がどこからか漏れて、知らぬ間に架空請求されていたのだった。
療養費は原則、患者が一旦全額を払い、後で自己負担分を除いた金額の返還を自ら保険者に求めることになっている。
だが、接骨院や整骨院については、患者は自己負担分だけを支払い、残りの費用を柔整師が患者に代わって保険者に請求する“受領委任払い”も特例で認められている。
受療委任の場合、柔整師は保険者に療養費を代理請求する為、申請書には患者本人の署名が必要となる。
だが、佐藤さんの申請書ではそれも偽造されていた。
国保も健保もやられとる
こんなの保険不適用にしろよ
多発ってか全国的に常態化してんじゃん
名前貸してる奴も捕まえろよ
治療と称し、女性の下着を脱がし下半身触る 中野こと李栄煥(韓国籍)を逮捕-北九州市

北九州市八幡西区の整骨院で、患者にわいせつな行為をしたとして、
整体・鍼灸師の男が、警察に逮捕されました。   
事件があったのは、北九州市八幡西区折尾の中野整骨院で、
逮捕されたのは、院長の息子で整体・鍼灸師の中野こと、韓国籍の李栄煥(イ・ヨンファン)容疑者34歳です。
警察によりますと、李容疑者は2013年6月、28歳の女性患者に対し、治療行為と信じさせながら、
下着を脱がして、下半身を触るなどした、準強制わいせつの疑いが持たれています。

事件当時、整骨院内には、従業員や患者が他におらず、変に思った女性が被害届を出し、逮捕に至ったということです。
李容疑者は容疑を認めています。

今日も読んでくれてありがとうございます。!(^^)!応援よろしくお願いします。下の水戸情報をクリック

by ssplan1950 | 2018-02-05 11:00 | へんな話