人気ブログランキング |

勝手なはなし

ssplan1950.exblog.jp
ブログトップ

【1月31日は愛妻の日】夫婦間で「パパ」「ママ」と呼び合う人が半数 再春館製薬所2018年1月調べ


2018/01/30
 子供が生まれて「人の親」になると、ついママって自分のことを後回しにして、子供や家族優先にしてしまいがち。服はまず子供のが最優先で、自分の服は「ま、いっか」と最後にしたり、食事も残りものが出ることを見越して、自分の分を勘定に入れなかったり。周囲の人も自然と「〇〇ちゃんのママ」、子供の友達も「〇〇ちゃんのおばさん」と呼び、いつしか夫婦の間でも「ママ(お母さん)」と「パパ(お父さん)」と、互いの呼び方が変わっている状況を受け入れている……。 1月31日の「愛妻の日」を前に、そんな夫婦関係の意識をちょっと変える動画が公開されました。


 「もうひとつのプロポーズ」と題された、3分半ほどのショートムービー。出産後、子供を預けて初めて夫婦ふたりだけの外出をした際、夫が仕掛けたちょっとしたサプライズをノンフィクションで描いています。制作したのは、再春館製薬所。

■半数が互いの名前を「パパ(お父さん)」「ママ(お母さん)」と呼ぶように

 実は日本の場合、結婚から10年以内の離婚が多いという調査結果があります。また「産後クライシス」という言葉がある通り、第1子誕生が夫婦にとって一番大きな環境変化といえます。妊娠・出産という過程を経て、肉体的にも「マタニティ・ブルー」と言われる精神的な変化などを乗り越えて母になる妻と、基本的に今までの日常の延長線上に子供が加わるという環境的な変化が主となる夫との間には、どうしてもギャップが生じがちです。

 再春館製薬所が2018年1月19日~1月21日に30~40代の子供を持つ男女100人を対象に実施したアンケート調査によると、夫婦関係の満足度において不満を感じている割合が、女性の場合男性の倍あることが判りました。また、男女問わず半数の人が、人前でなくともお互いの名前ではなく「パパ(お父さん)」「ママ(お母さん)」と呼ぶようになったと答えています。子供の親として互いに接するようになると、自然と愛情を口に出すことも少なくなるようで、男女とも全体の6割から7割で「好き、愛してる、等を言わなくなった」という結果が。

 そして、夫婦関係をより良くするためには、どんなアクションが効果的かという設問では「家事を分担する」や「会話を増やす」が男女ほぼ同数だったのに対し、「感謝や愛を言葉で伝えること」や「夫婦ふたりで外出する(食事など)」では、女性の方が男性より3~4割ほど多く「効果がある」と回答しています。男性が思っている以上に、女性は恋人同士の頃のように、ひとりの女性として扱ってほしいという意識があることが判ります。
(リンク先に続きあり)

(咲村珠樹)

edited by 咲村 珠樹

Published: 2018/1/30 18:30 c C.S.T.ENTERTAINMENT Inc.

5月31日は後妻の日かよ

父さん
母さん
だろ?

今日も読んでくれてありがとうございます。!(^^)!応援よろしくお願いします。下の水戸情報をクリック

by ssplan1950 | 2018-01-31 08:00 | へんな話