勝手なはなし

ssplan1950.exblog.jp
ブログトップ

情勢調査真っ二つ 茨城県知事選デッドヒート また自民党が敗北しそう!自民にお灸を

まあ実務経験ないド素人の新人ドワンゴ大井川には任せられないな(^_^;)

情勢調査真っ二つ 茨城県知事選は最終盤までデッドヒート

立候補は、7選を目指す現職の橋本昌候補
自公が推薦する経産省出身の新人・大井川和彦候補
事実上、橋本VS大井川の一騎打ちだ、政党やメディアの情勢調査の結果が真っ二つなのだ。
「自民党、NHK、朝日新聞の調査では大井川氏がややリード、共同通信や読売新聞の調査では橋本氏がやや優勢だったそうです。いずれも数ポイントのわずかの差。最後までどちらが勝つのか全く見当がつきません」(前出の自民党関係者)
 党を挙げて総力戦の自民は必死だ。これを落とせば、安倍内閣の支持率下落を受けた嫌なムードを10・22の衆院補選まで引っ張ることになりかねない。原発再稼働反対に舵を切った現職に勝たせるわけにもいかない。
それで、25日は小泉進次郎氏、石破茂氏、岸田文雄氏の3人が選挙期間中2度目の茨城入りとなった。

ただの地方選挙では無くなってしまった、か
橋本昌(橋本まさる)
@m_hashimoto_iba

つくば駅前の街頭演説に行ったら東京からテレビ会社が3社も来ていた。
今回の知事選はなぜか全国版になってしまった。
全国から政府、自民党のやり方への批判も相次いで届いている
自民党県連との戦いは覚悟の上だったが、
政府、自民党本部が知事選にこんなに介入してくるとは思わなかった。
子供のけんかを親がとって変わる形である。
地方分権と言いながら言っていることとやっていることとが正反対ではないか。
茨城県知事は茨城県民が選ぶべきものである。
産経抄
とにかく安倍を叩け 新聞業界の不都合な真実

「いま、社内は安倍(晋三首相)を叩(たた)くためなら、どんなことでもするという空気
になっている」。作家の門田隆将さんは最近、知り合いの毎日新聞記者からこう聞いたと、
26日発売の月刊誌『Hanada』(10月号)で明かしている。
朝日新聞記者にも同様のことを言われたという。

 ▼学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題をめぐり、
内閣支持率が下落した安倍内閣を、この機に打倒しようと盛り上がっているということか。
門田さんは7月23日付小紙朝刊の新聞批評欄で、そうした新聞を「倒閣運動のビラ」
と呼んでいた。

 ▼そういえば、民進党を離党した長島昭久元防衛副大臣も5月に、
自身のツイッターに記していた。「昨日たまたま話した朝日新聞のある幹部の表情には、
社運を賭けて安倍政権に対し総力戦を挑むような鬼気迫るものがありました」。

▼実は小欄もかつて知人の東京新聞記者から、こんな打ち明け話を聞いたことがある。
「上司に『安倍なんか取材しなくていいから、とにかくたたけ』と号令された」。
同僚記者も、別の東京新聞記者から同趣旨のことを聞いている。

▼悲しいかな、これらのエピソードは新聞業界の「不都合な真実」を示す。
事実をありのままに伝えることよりも、自分たちの主義・主張や好みを広めることに
熱心な習性があるのは否めない。「権力の監視」を隠れみのにしつつ、時に暴走を始める。

今時自民の看板背負って出てくるとか政治センスねえわ
5選がどうしだって?私腹肥やさなけりゃ知事なんて誰でもいい

小池に弄ばれた宮城県知事や
民進候補が当選してしまう仙台市長や
仙台育英の渡部夏史くんの蹴りを見てしまうと
なんとなく上から下までそんな土地柄なんだな~って思ってしまう
檀蜜の観光PRビデオとかも

おっと茨城とは関係ない話だった
投票率低いから公明党次第ですかね

今日も読んでくれてありがとうございます。!(^^)!応援よろしくお願いします。下の水戸情報をクリック

by ssplan1950 | 2017-08-27 06:33 | へんな話