勝手なはなし

ssplan1950.exblog.jp
ブログトップ

【芸能】さとり世代の2世タレント急増 「手に職」「TV出演は通過点」の傾向

◆異業種から光が当たるパターン

 では最近の2世にはどんな特徴があるのだろうか。例えば、必ずしも芸能界に主軸を置いていないことが挙げられる。Mattはブライダルモデルとしてファッションショーのランウェイを歩き、花田優一は靴職人として完全オーダーメイドの靴を作り、野沢直子の娘の真珠は格闘家としてリングに立ち、紅蘭はボディーメイクやリハビリといったトレーニング指導の国際資格「NSCA」を取得して教室を開くなど、自分にしかないスキルを身に着けている。

 こうして親と同じレールを歩くのではなく、自分だけの生き方を見つけた2世は世間からも好印象に映る。

 もちろん起用する側としても、「2世」というだけで売り出されているタレントよりも「付加価値」がついているので重宝するだろう。さらには親とのギャップがテレビマンを惹きつける。

 また、これまで2世タレントの鉄板トークといえば「1か月のお小遣いは?」「親が芸能人で損したこと得したこと」など、あくまでも親の庇護のもとでの出来事に終始していた。しかし、「新・2世」に対しては、現在就いている仕事についての話もしてもらえるので、トークの幅が広がる。
 
◆最近の2世もさとり世代? 芸能界も通過点か

 そんな2世たちは「芸能界への意識」もドライだ。ブライダルモデルのMattは、将来は音楽で生計を立てていきたいと語り、《今はテレビや雑誌を通して存在を知ってもらう時期だと思っている》(『婦人公論』2017年4月25日号)と語り、テレビ露出は自分の目標のためと割り切っている。

 また花田優一もトーク番組に出演した時、「親父のことを聞いてこられるのが悔しい。こういう番組に出るのは靴職人に注目してもらいたいから」と語っている。先日芸能事務所に所属したことがニュースになったが、テレビ出演は自分の夢のためのツールだというわけだ。

 紅蘭も、俳優である父の仕事にはそれほど興味がなく、《『真田丸』は4話までしか見ていないんです》(『週刊新潮』2016年10月13日号)と正直に答えている。

◆異業種から光が当たるパターン

 では最近の2世にはどんな特徴があるのだろうか。例えば、必ずしも芸能界に主軸を置いていないことが挙げられる。Mattはブライダルモデルとしてファッションショーのランウェイを歩き、花田優一は靴職人として完全オーダーメイドの靴を作り、野沢直子の娘の真珠は格闘家としてリングに立ち、紅蘭はボディーメイクやリハビリといったトレーニング指導の国際資格「NSCA」を取得して教室を開くなど、自分にしかないスキルを身に着けている。

 こうして親と同じレールを歩くのではなく、自分だけの生き方を見つけた2世は世間からも好印象に映る。

 もちろん起用する側としても、「2世」というだけで売り出されているタレントよりも「付加価値」がついているので重宝するだろう。さらには親とのギャップがテレビマンを惹きつける。

 また、これまで2世タレントの鉄板トークといえば「1か月のお小遣いは?」「親が芸能人で損したこと得したこと」など、あくまでも親の庇護のもとでの出来事に終始していた。しかし、「新・2世」に対しては、現在就いている仕事についての話もしてもらえるので、トークの幅が広がる。

◆最近の2世もさとり世代? 芸能界も通過点か

 そんな2世たちは「芸能界への意識」もドライだ。ブライダルモデルのMattは、将来は音楽で生計を立てていきたいと語り、《今はテレビや雑誌を通して存在を知ってもらう時期だと思っている》(『婦人公論』2017年4月25日号)と語り、テレビ露出は自分の目標のためと割り切っている。

 また花田優一もトーク番組に出演した時、「親父のことを聞いてこられるのが悔しい。こういう番組に出るのは靴職人に注目してもらいたいから」と語っている。先日芸能事務所に所属したことがニュースになったが、テレビ出演は自分の夢のためのツールだというわけだ。

 紅蘭も、俳優である父の仕事にはそれほど興味がなく、《『真田丸』は4話までしか見ていないんです》(『週刊新潮』2016年10月13日号)と正直に答えている。

 その草刈からは《女優やれって、今でも言われます。ただ、女優って本気でやらないとできないから。(中略)人から言われて、やるもんじゃない》とも答えている(『週刊実話』2017年5月25日号)。


子が親の名声をあえて利用しない傾向も顕著だ。ダウンタウン・浜田雅功の息子でロックバンド「OKAMOTO’S」のベーシストであるハマ・オカモトは、浜田の2世であるという事実を発表するなら自分自身のキャリアをしっかりつけてからという本人の意思により公表しなかった。初めてハマが自分から名乗ったのはソニー・ミュージックアーティスツでメジャーデビューして3年後の2013年だった。

 寛一郎は映画初出演作となった『ナミヤ雑貨店の奇蹟』には、父が佐藤浩市であることを隠してオーディションを受けた。二宮直彦プロデューサーは「彼の佇まいと目がとても印象的で好感を持ちました」と起用理由を語り、のちに佐藤の名前を聞いて驚いたという。

◆親のサポートは今後、減少傾向に?

 一方、親の子育ても変わってきた。小川菜摘はハマの仕事に対して「何ら御膳立てはしてこなかった」という。

 また佐藤浩市も寛一郎の俳優活動に一切バックアップすることもサポートもせず、息子に「役者になる」と言われたとき、「そうか」としか答えなかったという。

 かつては親が我が子をつれて挨拶回りをしたり、親子共演で名を売ることが多かったが、今後はそうした因習も少なくなっていくのかもしれない。
 
 親の仕事を継ぐという意味では歌舞伎役者や落語家と変わらないものの、タレントの場は「芸の継承」、さらにはそのための指導もない。そこで子どもは華やかな世界で自分を見失ってしまうパターンが多く、悪い方向に出てしまうことがよく指摘されてきた。だが最近の“新2世”たちの活躍を見ていると、芸能人の親も子もようやく意識を改め始めたと言えるのではないだろうか。

そう言えば作曲家のあれ
  カナダからの手紙書いた奴・・・  あいつ
     あのバカ息子の遺産相続はどうなったんだ?

結局、テレビタレントが一番楽に稼げるから、そこに辿り着くんでしょ
芸を売り物にするはずの芸能界なんだから当然だろう
ただでさえ2世ってだけで一般人よりスタートラインがはるかに先だもんね

高畑みたいに芸能界に入れておくしか無いクズもいるがな
>また佐藤浩市も寛一郎の俳優活動に一切バックアップすることもサポートもせず、
>息子に「役者になる」と言われたとき、「そうか」としか答えなかったという。

佐藤浩市も親父の三國連太郎に
役者になりたいといったら全く同じ事言われたらしいからな。
田村正和
松方弘樹
佐藤浩市
加山雄三
堺正章

ココらへんは1世を超えたか同格ぐらいなってるだろ。
この中で親の名前知ってるの上原謙と三國連太郎くらいだし。

政治家や芸能人は多いけど、棋士は二代目はいないらしい。ヒフミンがいっていた。

今日も読んでくれてありがとうございます。!(^^)!応援よろしくお願いします。下の水戸情報をクリック

by ssplan1950 | 2017-08-27 09:00 | へんな話