人気ブログランキング |

勝手なはなし

ssplan1950.exblog.jp
ブログトップ

「甲子園のホームラン なぜ増えた?」 ウエイトトレーニングは悪!という日本の風習が無くなったため。

毎試合のようにホームランが飛び出し1つの大会のホームラン数も22日までに68本と史上最多を更新中です。
なぜ、これほど多くのホームランが飛び出したのでしょうか。
近年のホームランの増加について長年、高校野球の現場を取材してきたスポーツライターで
野球研究家の小関順二さんは、2つのキーワードをあげています。

要因1 体格のよさで打撃力向上
まずは体格のよさです。近年、球児たちへの栄養指導や、ウエイトトレーニングが浸透したことでパワーアップ。
かつてに比べてがっちりした体格の選手が増え、ホームランの増加につながっていると見ています。

今大会に出場したすべての選手の平均体重は72キロ。
文部科学省のおととしの調査では全国の17歳の男子の平均体重61キロ余り。
比べると10キロほど重いことがわかります。
さらに今大会の準々決勝までにホームランを打った打者の平均体重は76.6キロと、さらに5キロ近く重くなっています。

小関さんは「ウエイトトレーニングをやった選手は飛距離が伸びている。
以前は、高校生からウエイトトレーニングをしないほうがよいという考え方もあったが、
きちんとした方法ですれば効果がでることがわかってきたのではないか」と分析しています。

要因2 球界全体がフルスイング!
さらに、ホームラン増加の要因として小関さんが強調するのが思いっきりバットを振る「フルスイング」。
球児たちのバッティングスタイルが変化しているといいます。

「高校野球では今後、2017年以前、2017年以降というかたちで語られる可能性があると思う。
私は甲子園を20年近く現場で見ているが、こんなにバッターが強く振っている大会は初めてだ」と小関さんは語ります。

バッティングスタイルの変化。小関さんは、高校野球に限らず、少年野球から社会人野球まで、
野球界全体の意識が、「当てる」「転がす」から、「フルスイング」に変わってきていると指摘します。
背景には、プロ野球で、「フルスイング」のプレースタイルが定着している、
ソフトバンクの柳田悠岐選手や日本ハムの大谷翔平選手が活躍していることをあげています。

おそらく嘘
1年で急に変わるとは思えない
そんな1年2年で球児の筋量変わるかよ
今までの連中もめっさ練習ウェイトトレーニングしまくってただろ
とりあえず数年様子みろや
今年の地方大会のホームラン数も傑出して多いのだろうか?


ウエイト関係ないだろ
広陵の中村ひょろひょろやん
b0163004_11421625.jpg
>ウエイトトレーニングは悪!という日本の風習が

これもう40年近く前の昔話なのだが
まだこんなこと言ってるの? お爺ちゃん

野球って記録が出ると必ずいちゃもんつける奴いるよな
記録は記録や
中村は凄い

投手大不作なのもあるな
中村も好投手と対戦続いたらここまで打ててないのは当然
広陵天理との対戦もピッチャーしょぼくて笑えるクラスだったからな

今日も読んでくれてありがとうございます。!(^^)!応援よろしくお願いします。下の水戸情報をクリック

by ssplan1950 | 2017-08-23 11:42 | へんな話