勝手なはなし

ssplan1950.exblog.jp
ブログトップ

「精神障害者福祉手帳」、この20年で交付者7倍に  9万7000人→69万6000人へ

心を病む子供たちも薬漬け

中川さんは「回転ドア型で患者は治らず、増える一方だ」と各種データから精神科医療の実態を報告した。
97年は 9万 7千人だった「精神障害者福祉手帳」交付者は12年には69万 6千人と 7倍に増えた。

公立学校教諭の休職者は、84年から2011年までは精神疾患以外の理由は年 3千人程度でほぼ一定なのに、
精神疾患は 1千人から 5千人に増えた。しかもそのうち 1千人が退職、新たに 1千人が休職している。職場のストレスチエックで、
ちょっとした不眠、不安、不調を訴えると精神科を紹介され、睡眠薬や抗不安薬が処方される。
真面目な患者はその薬のせいでうつ病に進み、さらに抗うつ剤や抗精神病薬を処方されているうちに統合失調症へ進む。
薬が病気を作っており、薬を減らすと症状は改善する。


統合失調症って薬害だろ
昔は甘えで終わってたからな
鬱を詐病に使っている奴の多い事
医者も製薬会社も儲かるし良いこと
年金はお金もらえるけど手帳はとっても現状意味ない自治体がほとんどだからなあ


昔は特にメリットなかったけどケータイやスマホで割引になるから増えたんだろ


精神手帳がもらえる認知症が20年前と比べて150万人近く増えてるのに
手帳取得者は60万人しか増えてないのか
手帳でできること。 映画1000円、キャリア携帯なら割引、市によるけど市営地下鉄、バスの無料乗車券、失業保険が半年勤務で5か月、1年で10か月支給 あとは障害年金かな


男児13人にわいせつ行為、学童保育所の男に懲役10年の実刑判決 [無断転載禁止](c)2ch.net [928380653]
男児13人にわいせつ行為した学童保育所運営の男に実刑判決

学童保育所を運営し、通っていた小学生ら男児13人にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつや
児童福祉法違反(児童淫行)などの罪に問われた坂本瞬被告(32)に、水戸地裁は21日、
懲役10年(求刑懲役12年)の判決を言い渡した。

小笠原義泰裁判官は判決理由で「児童らの健全な育成を図る立場にありながら、信頼を利用した犯行は卑劣。
常習性も明らかで、被害児童への影響も大きい」と述べた。

判決によると、坂本被告は2013年11月~16年6月、指導員の立場を利用して学童保育で預かっていた
男児らに、施設内や送迎車内でわいせつな行為を繰り返し、その様子を携帯電話で動画撮影していた。
約2年5カ月の間に20回の被害を受けた男児もいた。


クズだな。

自分は手を出さずに男子同士で絡ませてそれを眺めるのが至高だろうが。


今日も読んでくれてありがとうございます。!(^^)!応援よろしくお願いします。下の水戸情報をクリック

by ssplan1950 | 2017-08-22 10:26 | へんな話