人気ブログランキング |

勝手なはなし

ssplan1950.exblog.jp
ブログトップ

がん治療の渡瀬恒彦(72)、苦渋の「十津川警部」降板 後任は内藤剛志(61)

がん治療の渡瀬恒彦、苦渋の十津川警部降板 後任は内藤剛志
2016.08.25 16:00
b0163004_06332123.jpg
伊豆半島の南部東側、白い砂浜と背後に迫る山に囲まれた下田の街。そこで、人気の2時間ドラマ
『西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ』(TBS系)の最新作「伊豆・下田殺人ルート」(仮題)の
撮影が進んでいる。

「十津川警部」といえば、渡瀬恒彦(72才)だ。1992年からおよそ四半世紀にわたって、
これまで計54作品で演じ続けてきた。部下の「亀井警部補」役の伊東四朗(79才)との名コンビで、
次回作もお茶の間に登場し、トラベルミステリーを解決していくはずだった。
ところが、下田のロケに、渡瀬の姿はない。

《撮影現場が僕に力をくれます。ご心配おかけしましたが、「9係」、
その後予定しているドラマにもご期待ください》

連続ドラマ『警視庁捜査一課9係シーズン11』(テレビ朝日系、2016年4~6月)に出演中だった渡瀬は、
女性セブン(6月9・16日号)に胆のうがんの闘病を、そう告白した。

「渡瀬さんは昨年の夏から秋にかけて体調不良を訴えて、都内の総合病院に入院しました。
そのとき、胆のうに悪性の腫瘍が見つかったんです。主演ドラマが多く、もう何年も長期休暇を取っていなかった
渡瀬さんは半年ほど仕事を入れず、抗がん剤の投与と放射線治療を受けたそうです」(芸能関係者)

胆のうとは、肝臓の下にあり、肝臓でつくった消化液を溜める袋のような臓器だ。
胆のうがんは自覚症状が出にくいので早期発見が難しく、見つかった時には多部位に転移していて
手術ができない場合も多い。

「腫瘍が発見されてから渡瀬さんはあれほど大好きだったお酒を一切断って、栄養を考えて食事をするように
なりました。服も着込んで、体を冷やさないようにする工夫もされているようです」(渡瀬の知人)

渡瀬は復帰後の昨年12月、ドラマ『おみやさんSP』(今年2月放送)の撮影に臨んだ。
その後は前出の『9係』にも出演し、見事に高視聴率をマーク。だが、がんを克服したわけではなく、
撮影の合間をぬっての病院通いと投薬による治療を続けてきた。テレビ局関係者が言う。

「実は、最近もあまり体調がよくないそうなんです。まだ正式に発表はされていないですが、
ライフワークのように演じ続けてきた十津川警部シリーズを降板したのは驚きでした。
十津川警部シリーズの前作の放送は昨年4月。シリーズ開始から今までは
必ず1年に1~3回のペースで放送してきましたが、今回はすでに1年以上空いています。

何があったのかと思っていたのですが、渡瀬さんの体調不良と治療もあって、
撮影スケジュールが合わなかったことが原因だったそうです。すでに『新・十津川警部』として
次回作の撮影が進んでいるそうです。渡瀬さんから主役を受け継いだのは内藤剛志さん(61才)です」

8月17日、『おみやさんSP2』が10月に放送されることが発表された。
すでにクランクアップしているというが、撮影中にはこんなことがあった。

続きは>>2-5あたりに
NEWSポストセブン

内藤剛志さん(61才)
若く見えるな
「京都での撮影がクライマックスを迎えていた7月上旬のことでした。渡瀬さんが“熱を出した”ということで、
撮影が続行できるかどうか検討されたことがありました。仕事には妥協せず、過酷な現場でも弱音を吐くどころか、
共演者やスタッフを引っ張っていくのが渡瀬さん。ですが、そのときは、たしかに現場ではよく息が切れるし、
体調がよく見えなかったのは、隠しきれないほどにつらかったからでしょう。撮影の途中で東京から急きょ、
奥さんまで京都に駆けつけて、渡瀬さんに寄り添っていましたね」(ドラマ関係者)

京都での撮影を終え、帰京した渡瀬が急いで向かった先は鹿児島県にあるがん治療専門のクリニックだった。

そのクリニックでは、メスを使わず、がん細胞に何方向からも同時にピンポイントに放射線を当てることで、
がん細胞を取り除くという世界最先端の治療を行っている。

全身がんを告白した樹木希林(73才)や、先日すい臓がんで亡くなった元横綱・千代の富士の
九重親方(享年61)などが通っていたことでも知られている。

抗がん剤治療を行うと副作用で髪が抜けるなど、役者として演じ続けるのには支障が出るケースもある。
だから、多くの有名人が放射線治療を選択してきた。

「京都での撮影中に容体が急変したので、急きょ予約を前倒しして鹿児島のクリニックを訪れたそうです。
そこでどのような治療を受けることができるのか、クリニックの医師に相談したそうです」(前出・芸能関係者)

一日も早く現場に戻りたい――渡瀬のそんな強い意志も感じる。復帰を祈るばかりだ。
※女性セブン2016年9月8日号


十津川警部って、40歳で警部なんだから出世が遅れてるよね。

内藤アワーかよ
タクシードライバーの闘病日誌

9係も終わりか

内藤さんは割と好きだけど、ちょっと刑事役やりすぎだ。
「制服捜査」の川久保篤も内藤さんだけど、原作のイメージと違う。

っていうか72歳ならば、もうそろそろいいかという踏ん切りや諦めはつかんのかね
ガンなんて下手にいじくると死期を早めるらしいぞ
抗がん剤も効くのかどうか分からんので手探りで進めるようだし

胆のう癌か、、、、

膵臓癌の次にやばい、、
 そろそろか、  

渡瀬恒彦、、残念だな

どうせなら、もっと若返りさせて良いのに
ノンキャリ警部は40代でもいいわけで

最近すごいな
芸能界も知り合いも右も左も癌だらけ

内藤さんも警察物ばっかりだな。なんか役がこんがらがってくる
72歳の警部
79歳の警部補
って
「定年」というものを無視しているな

今日も読んでくれてありがとうございます。!(^^)!応援よろしくお願いします。
水戸情報
にほんブログ村
水戸市 不動産 鈴木企画
もうひとつのブログ「寝たい食べたい楽したい」               

by ssplan1950 | 2016-08-26 09:00 | へんな話