人気ブログランキング |

勝手なはなし

ssplan1950.exblog.jp
ブログトップ

その警部補46歳は支援対象の15歳少女に恋をし、車で、ホテルで、少女の自宅でも…転落の軌跡を赤裸々に

 昨年11月、18歳未満の少女とみだらな行為をしたとして、児童福祉法違反の罪に問われた茨城県牛久市ひたち野東の元茨城県警警部補の男(46)に7月、懲役3年(求刑懲役3年6月)の判決が下った。妻子のいる身で男が手を出したのは、県内に住む当時15歳の少女。警察官と、立ち直り支援の対象者として出会った2人に、一体何があったのか。検察、弁護士、そして哀れな男の言葉に、法廷中が耳を澄ませた。(水戸支局 上村茉由)

少女との出会い
 短く切りそろえた髪に、たくましい体躯(たいく)。頼れる警察官ともいうべき風貌のこの男は、6月23日に水戸地裁で行われた初公判で、罪悪感に声を詰まらせながら、こう語った。

 「弁解の余地もない。警察への信頼も失墜させてしまいました」

 男は平成5年4月に茨城県警察官を拝命。24年4月から県警つくば中央署に勤務し、27年4月に同署生活安全課の少年係長となった。業務として非行少年や犯罪被害を受けた少年らの立ち直り支援を行っており、その中で同年9月、少女と出会った。

 家出をして性犯罪の被害を受けたことのある少女。男は少女のサポート担当となり、連絡を取ったり相談に乗ったりしていた。10月ごろから少女が学校に通うようになると、車で送迎するようになった。週に2~3回顔を合わせていたという。
 「当時は恋愛感情がありました。向こうにも恋愛感情があると思っていた」

 男は被告人質問でこう語った。

「いいよね…」
初めてわいせつな行為に及んだのは11月上旬ごろ。
「もうすぐ16歳になるから、いいよね」

 男はそう言って少女を求めた。送迎の車の中だった。検察によると、少女は調べに対し「まずいと思ったが、態度が悪いとまた保護施設に入れられるかもしれないと思った」と話したという。

 11月17日は、少女を学校に送る途中だった。

 「ラブホにする? 行って、見てみよう」

男が今年4月まで勤めていた茨城県警つくば中央署=茨城県つくば市竹園(上村茉由撮影)

 男は少女をそう誘った。2人はホテルが立ち並ぶいわゆる「ラブホ街」を回り、その中の1軒に入った。午後2時10分ごろ入室、午後3時50分ごろに退室した。

 男は12月中旬までに、少女の自宅でもわいせつな行為を行ったほか、送迎の車内で少女にキスを求めたり、体を触ったりした。男は検察の調べに「命令や無理強いしたことはなかった。徐々に親密になり、肉体関係を持つに至った」と話したという。

外された担当
 それまで流されてきた少女はついに行動を起こした。12月18日、県警少年サポートセンターを訪れ、職員に「(男から)電話やメールが頻繁にきて困っている」と相談。わいせつ行為については相談しなかったが、職員は少女から男に「恋愛感情はないので、もうメールをしないで」という内容のメールを送らせた。

 少女が相談したことにより、男は少女の担当を外された。しかし、両思いだと信じて疑わない男は、今年1月中旬ごろから再び電話やメールを送るようになり、少女のことを思いながら自慰行為をしていると伝えることもあったという。2月中旬には再度、わいせつな行為を行っている。

 検察によると、男は昨年10月~今年2月の間に4回、少女と性行為を行った。驚くべきは、男がその際1度も避妊具をつけていなかったことだ。被告人質問で男は理由をこう説明した。

 「(避妊具を着用して)実際に行為に及ぶと、萎えてしまうから」

 そもそもなぜ男は少女という誘惑に負けてしまったのか。男は「当時は初めての内勤で、自信をなくしかけていた。妻も子供のことで大変で、会話の時間が取れなかった」ために精神的に弱っていたと説明。「普通の人より性欲が強いかもしれない」とも語った。

 3月上旬、県警本部の女性警察官が少女の近況を確認した際、少女は性行為があったことを申告。県警は4月8日、男を逮捕。28日付で男を懲戒免職処分とした。

以下ソース
■15歳少女と淫らな行為 容疑で警部補逮捕 茨城県警

茨城県警は8日、児童福祉法違反の容疑で、つくば中央署生活安全課の警部補、間中健一容疑者(45)
=同県牛久市ひたち野東=を逮捕した。容疑を認めている。逮捕容疑は、昨年11月17日午後、
同県土浦市内のホテルで、18歳未満と知りながら、当時15歳だった県内の少女と淫らな行為を
したとしている。県警監察室によると、間中容疑者は少年係長で「立ち直り支援活動」の一環として、
少女と連絡を取っていた。少女は昨年12月、県警少年サポートセンターに「(間中容疑者から)電話や
メールが頻繁にきて困っている」と相談していた。


2016年4月28日(木) サンスポ

15歳の少女とみだらな行為、茨城県警の警部補起訴

・水戸地検は28日、少女にみだらな行為をしたとして、児童福祉法違反の
罪で、茨城県警つくば中央署生活安全課の警部補間中健一容疑者(45)=
同県牛久市=を起訴した。県警は同日、間中被告を懲戒免職とした。

水戸地検などによると昨年11月17日午後、茨城県土浦市内のホテルで、
18歳未満であることを知りながら当時15歳の少女とみだらな行為をした
としている。

長塚昭弘首席監察官は「誠に遺憾で、改めて深くおわび申し上げる。再発防
止を図り信頼回復に努める」とのコメントを出した。
八百万の神々には、覗きの神様、ロリコンの神様、
痴漢の神様、トイレの神様、淫行の神様・・・
結局、神道田吾作はなんでもありで反省もない。
変態、キチガイが毎日のように逮捕される。

ただの性欲を恋と言い張る46歳

>「(避妊具を着用して)実際に行為に及ぶと、萎えてしまうから」

相手妊娠させる可能性あったら萎えるのが普通だと思うんだが
小説だな。これ文学だな

ちゃんと躾ないから簡単に暴露されるんだろ
少女もおっさんに抱かれる興味ぐらいあったんじゃないか

>  「(避妊具を着用して)実際に行為に及ぶと、萎えてしまうから」
あなた本当に警察官ですか?
しかしこの女も被害者ヅラして
将来地雷として野に放たれるのか・・・危ない

ちょっと待て、この警部補の名前は出さないのか?
民間人の少女買春は名前どころか顔写真まで晒されて抹殺されるというのに

警察官と自衛官にまともな人はいないね^^

いじめ抜いた挙句に精神病棟送りにして使い捨て――自殺寸前に追い詰められた現職海曹が告発する「絶望の自衛隊」
上級生が風俗行きを強要「拒否すると体にアルコールかけて燃やされました」――虐待横行する防衛大学の絶望的な日常
>「卒校式前夜は厳戒態勢でピリピリしています。いじめられてきた下級生が上級生に報復する唯一のチャンスですから。重傷者が出たこともあります」
競争率16倍の難関・陸上自衛隊「高等工科学校」は暴力と腐敗に満ちた“学力降下校”だった!
ラーメンたかる、靴磨きさせる、性的虐待、金品盗まれても「お前が悪い」…自衛官が生徒を奴隷扱いする陸自高等工科学校
http://www.mynewsjapan.com/reports/2176
「自衛隊はブラックでした」窃盗、強姦、脱走、自殺…就活失敗でやむなく入隊して知った“人間破壊工場”の実態
「毎日殴られた。精神がおかしくなり、海に飛び込もうと思った」――海自護衛艦「しらゆき」の陰惨な日常

自衛官ですら人をぶっ殺しておいて言い訳してすぐに逃げられますから、公務員なんてそんなもんです。

自衛隊「訓練」中の死亡事故が多発――10年で69人、「人命軽視」か | 週刊 ...
2014/07/30 - 教育訓練中に死亡した自衛官の数が、過去10年間に少なくとも69人を数え、
警察官や消防士の6倍にも達することがわかった ... 遺族が起こした国賠訴訟で札幌地裁は13年3月、
国の責任を全面的に認める遺族勝訴の判決を言い渡している。

つくばの警察って無能のカス揃いで有名なんだが?

寒い寒すぎる、警察官じゃなくてもアウト茨城ハジマタ

今日も読んでくれてありがとうございます。!(^^)!応援よろしくお願いします。
水戸情報
にほんブログ村
水戸市 不動産 鈴木企画
もうひとつのブログ「寝たい食べたい楽したい」               

by ssplan1950 | 2016-08-12 12:00 | へんな話