人気ブログランキング |

勝手なはなし

ssplan1950.exblog.jp
ブログトップ

【薬価】1人あたり年約3500万円かかる新型のがん治療薬「オプジーボ」の値下げを年内に決める方針 中医協で議論開始

同じ抗がん剤でも薬価は大きく違う
 高騰する薬代が将来の医療保険財政を圧迫しかねないことから、厚生労働省は27日、2年に1度の改定を待たずに値下げする仕組みづくりの検討を始めた。利用者が急激に増えた高額な薬が対象。まず、1人あたり年約3500万円かかる新型のがん治療薬「オプジーボ」の値下げを年内に決める方針だ。

■使用量減らす指針作りも

 27日の中央社会保険医療協議会(中医協)。高額な薬の販売が相次いでいる現状について、厚労省は「従来の仕組みでは対策を講じているとは言えない。薬価の抜本的な見直しを行ってはどうか」と提案した。

 高額な薬でも安全性や有効性が認められれば保険が適用され、患者の自己負担は1~3割ですむ。さらに自己負担の上限を一定に抑える「高額療養費制度」があるため、保険からの支出は増え続けている。

 そこで厚労省が値下げの新たな仕組みの対象とするのは、有効性が広がって販売量の急増が見込まれる薬だ。値段だけでなく、使用量を減らして副作用のリスクを軽減させるため、病院や医師向けの最適使用推進ガイドライン(指針)づくりに向けた考え方も提示。薬ごとに各分野の学会などと協議し、薬が使える患者や医師・医療機関の基準を決めていくと説明した。

 中医協の委員からは「目の前に患者がいて、助けられるのに使えないことがないように」との懸念も出た。ただ、大きな異論はなく、「国民皆保険を壊さないようにしないといけない」という意見が主流だった。薬剤費高騰への危機感は共有されている。


ぼったくりすぎだろ半額以下にしろ

ホントだよな、製造過程のどこでそんな金かかるんだよ
そもそもの金額設定自体、製薬会社が足元見てんじゃねーの?


人間の生涯医療費の大半は、老人なって死ぬ間際のラスト10%の時間で使うんだろ?
その為に子や孫の世代が苦しむのはおかしくね?

安楽死法案を通して、笑顔で眠るように人生を終えれる権利や施設を作ってもいいのではないか。
無理な延命は先日の大量殺人事件につながるものがある闇だよ。

「楽に死んで、子や孫に財産を託す権利」もあっていいと思う。
重介護老人になって家族に嫌われる前に、自分で決めた時期に安らかに逝く権利もあっていいと思うぜ。

※もちろん強制ではない。ただ、希望者から始めてみては? とは思う。

老人が、単に70歳を75歳まで引き伸ばすようなことをするためだけに、タダみたいな金額(高額医療費)でこういう薬をバンバン使うんだから。

税金いくら取っても足りなくなるのは当たり前。

薬の値段は開発費
それを特許期間中に回収しなきゃいけないからこうなる
死ぬ時までお上の許可が必要なのか?
死にたくなっらた安楽死をググって自分で始末つけろ
チキンは安楽死法ができたところで自分でボタン押す勇気ないって
自由診療だと、何千万もするような薬を使う人は僅かしかいない。
日本のような皆保険なら、使う人数はずっと増える。
つまり自由診療で3500万の薬を100人しか使わないより、日本式皆保険で1000人が500万の薬を使う方が製薬メーカーの利益は上回るのだから、この薬は薬価をどんどん下げれば良い。

脳梗塞の血栓溶解療法って今でも何十万もするの?

金儲けなんだから元は

今日も読んでくれてありがとうございます。!(^^)!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ水戸情報
にほんブログ村
水戸市 不動産 鈴木企画
もうひとつのブログ「寝たい食べたい楽したい」               

by ssplan1950 | 2016-07-29 11:00 | へんな話