人気ブログランキング |

勝手なはなし

ssplan1950.exblog.jp
ブログトップ

「コンビニ三国志」(セブン・ローソン・ファミマ)が佳境。横山光輝版で言うと今多分35~40巻あたり

コンビニ三国志は三菱商事と伊藤忠商事の戦争だ!(前)
コンビニエンス業界が、風雲急を告げている。「コンビニの生みの親」である(株)セブン&アイホールディングスの
鈴木敏文会長が失脚。9月にコンビニ3位の(株)ファミリーマートと同4位の(株)サークルKサンクスが統合し、
店舗数でコンビニ2位の新ファミリーマートが誕生する。3位に滑り落ちる(株)ローソンは、親会社の三菱商事(株)
が前面に出てきて巻き返しを図る。
ローソンは、三菱商事出身の竹増貞信副社長(46)が6月1日付で社長兼最高執行責任者(COO)に就任する。
玉塚元一社長(53)は会長兼最高経営責任者(CEO)に就く。
竹増氏は、大阪大学経済学部を卒業。三菱商事に入社後、畜産畑を歩き、当時の上司は4月に同社社長に就任した
垣内威彦氏。2014年5月に、小林健三菱商事社長(現・会長)の業務秘書から、次期社長含みでローソン副社長に
送り込まれていた。
なぜ、このタイミングでの社長交代か――。今年9月1日、ファミリーマートとユニーグループホールディングス(株)
が経営統合して、持ち株会社ユニー・ファミリーマートホールディングス(株)を設立するからだ。傘下のコンビニ
事業のブランド名は、18年度をメドに「ファミリーマート」に一本化する。
これで国内店舗数は、新ファミマが1万8,006店(ファミマが1万1,656店、サークルKサンクス6,350店=16年2月末
時点。以下、同じ)。2位のローソンの1万2,395店を一気に抜き、首位の(株)セブン-イレブン・ジャパンの
1万8,572店に迫る。
ファミマに出し抜かれたローソンは、黙っていない。親会社の三菱商事が前面に出てきた。
三菱商事にとって伊藤忠商事は、目の上のタンコブだ。16年3月期決算で、商社業界に“伊藤忠ショック”が襲った。
長年、君臨してきた三菱商事の連結最終赤字は1,500億円、2位の三井物産(株)も赤字額が700億円と、両社ともに
初の連結赤字に陥る見通しだ。資源価格の下落が原因だ。
そんななか、三菱商事が15年間守り抜いてきたトップの座を奪ったのは、非財閥系で“野武士集団”と呼ばれた
伊藤忠だった。3,300億円の最終利益を叩き出して、王座を奪取した。伊藤忠は、商社トップの記念に、特別ボーナス
を支給するという。
三菱商事や三井物産の財閥系商社は、伊藤忠などの非財閥系商社を格下と見なしていた。そんな野武士集団に
抜かれたのだ。商社のエリートを自負する彼らには、屈辱以外の何物でもない。プライドが高いOBたちは激怒したという。
全文ソース
http://www.data-max.co.jp/280425_ks_01/
b0163004_12480456.jpg

b0163004_12452594.jpg

三国志はやりたい放題だった劉備一味がボコボコにされる
呉の荊州攻略~夷陵の戦いが一番読んでて気持ちいい
ファミマは合併後1000~2000店舗ぐらい減りそうなんだが
商圏がかぶっている店が多すぎる
am/pmがローソンの提示した額よりも低い額でファミマに買収して貰った件を見て
ローソンって嫌われてんのかなって思ったわ
国内最強のセブン
国内2位のローソン
北のセイコマート
アジア最強のファミマ
ファミマなんかすでにアジア店舗の規模が国内超えてる。アジアコンビニ
セブンは商標渡しただけで海外の店舗は実質セブンじゃない

それはあるっちゃあるけどコンビニのシステム上、オーナーは多店経営したほうが儲かるから
住宅地だとセブンだけ3-5店とかよくあるんだよね。
・フランチャイズオーナーは1店しか経営しない場合、店舗借りの状態で年3000時間労働で年収300万
・自分で店舗を購入した場合2000時間労働で年収600万
・複数店経営すると人員などの融通が効くので1店舗×30万、3店舗経営すると1000万/年儲かる
仕組み上1店か3-5店かっていう経営スタイルで当然店舗固めるんだよね。それやると一店の売上減るけど利益は稼げるようになる

今日も読んでくれてありがとうございます。!(^^)!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ水戸情報
にほんブログ村
水戸市 不動産 鈴木企画
もうひとつのブログ「寝たい食べたい楽したい」               

by ssplan1950 | 2016-04-27 06:20 | へんな話