人気ブログランキング |

勝手なはなし

ssplan1950.exblog.jp
ブログトップ

中国が受注した東南アジアの大型インフラ案件、工事延期やトラブル後を絶たず 

【ジャカルタ=池田慶太】中国企業が受注した東南アジアの大型インフラ(社会基盤)案件で、
工事の延期やトラブルが後を絶たない。

インドネシアの高速鉄道計画は着工が遅れ、「2019年開業」が早くも危ぶまれる状況だ。
事業費が当初予定から大幅にふくらむケースが多く、現地政府が振り回されるケースも少なくない。

インドネシアのジャカルタとバンドンを結ぶ約140キロの高速鉄道計画では、日本と中国が激しい受注競争を
繰り広げた。結局、中国が昨年9月、インドネシア政府の負担をゼロにするという「常識では考えられない」
(日本政府高官)案を示し、採用された。中国の計画は「18年完工、19年開業」を目指している。
19年にインドネシア大統領選が予定され、現政権の成果にできることも採用の決め手となった。

2016年01月01日 19時59分
b0163004_05314746.jpg

http://www.yomiuri.co.jp/world/20160101-OYT1T50036.html

安物買いの銭失い

できて運用しだしてからが本番だぞ
大前研一氏 中国の海外プロジェクトはことごとく頓挫と予測
http://www.news-postseven.com/archives/20151218_368809.html
インドネシアの高速鉄道計画を、現地政府の財政負担を伴わない形で提案するという“札束外交”や、「3年で完成」という
実現できるとは思えない提案で日本を出し抜いて受注した
経験も人材もノウハウも持っていない中国が、海外で高速鉄道などの大規模なインフラプロジェクトを成功させることができるとは思えない。
おそらく、中国が手がけた海外プロジェクトはことごとく中途半端な状態で頓挫してしまい、世界中にインフラの“鬼城(ゴーストタウン)”
ができるだろう。

インドネシア高速鉄道の予定されているルートの途中には地滑り地帯があり
「あの部分に新幹線を通すのは相当の技術力が必要になる。中国の技術でできるかどうか疑問だ」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151222-00010001-wedge-cn&p=3

日本はかんけいありません
こちらをみないでください


今日も読んでくれてありがとうございます。!(^^)!応援よろしくお願いします。下の水戸情報をクリック
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村
水戸市 不動産 鈴木企画
もうひとつのブログ「寝たい食べたい楽したい」               

by ssplan1950 | 2016-01-02 09:00 | へんな話