人気ブログランキング |

勝手なはなし

ssplan1950.exblog.jp
ブログトップ

国民投票改正案が衆院通過=4年後「18歳」、今国会成立へ

(2014/05/09-13:51)
衆院は9日午後の本会議で、憲法改正手続きを定めた国民投票法の改正案を採決し、与野党7党の賛成多数で可決、参院に送付した。投票年齢を「20歳以上」から改正法施行4年後に「18歳以上」へ引き下げる内容。今国会での成立は確実で国民投票の環境が整うことになる。
賛成は、改正案を共同提出した自民、公明、民主、日本維新の会、みんな、結い、生活の各党。
共産、社民両党は反対。衆院に議席のない新党改革は参院では賛成する方針を決めている。
参院憲法審査会での審議入りは14日になる見通し。
2007年に成立した国民投票法は、公職選挙法の選挙権年齢の「18歳以上」への引き下げなどを「三つの宿題」として検討するよう求めていた。改正案では、18歳選挙権について「速やかに必要な法制上の措置を講ずる」と規定。7党と改革は改正法成立後2年以内の法改正を目指す。
公務員の政治的行為については、個人的な意見の表明や賛否の勧誘を容認。労働組合など組織的な運動の制限は今後の検討課題とした。また、国民投票のテーマを改憲以外の重要課題に拡大することについては今後議論する。
ソース: 時事ドットコム http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014050900049 
b0163004_04500256.jpg

他の年齢に関わる法律との整合性は…
こりゃあ学生の洗脳に拍車がかかるね。
選挙制度そのものを変えたほうがいい
今のままではゴミカスうんこバカしか立候補できない
こりゃ芸能人が立候補するね

年齢よりも改正一条ごとに賛否を問うべきだと思う

どうせ9条改正と抱き合わせで他の致命的な変更

基本的人権の撤廃とか立憲主義の否定とかを
ごちゃ混ぜに提案してくるから
自民党の改憲草案を見ればそっちが本丸とわかる

最高裁判事の国民審査みたいに
「この憲法案に反対の人は○を記入して下さい
何も記述がなければ賛成にカウントします」
とかの姑息な方法にしてくるかもしれん
 


今日も読んでくれてありがとうございます。!(^^)!応援よろしくお願いします。下の水戸情報をクリック
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村
水戸市 不動産 鈴木企画
もうひとつのブログ「寝たい食べたい楽したい」               

by ssplan1950 | 2014-05-10 07:38 | へんな話