人気ブログランキング |

勝手なはなし

ssplan1950.exblog.jp
ブログトップ

歌手・俳優の武田鉄矢さん(63)のラジオ番組での発言

主に韓国の文化や歴史、そして日本の外交的な対応について批判的な発言をしたもので、
番組内容をアップしたYouTube動画は計6万5000回を超える再生数となっている。いったいどんな発言だったのか。

話題となっているのは、文化放送で平日6時から放送されているラジオ番組「吉田照美 ソコダイジナトコ」内の
10分間のコーナー「武田鉄矢・今朝の三枚おろし」だ。

2012年12月24日からの1週間、武田さんは台湾人評論家の黄文雄氏の著書「日本人はなぜ中国人、
韓国人とこれほどまで違うのか」をテーマにトークを繰り広げた。黄氏は中国と韓国に批判的な立場で知られる。

1日目、武田さんは12年の中国の反日暴動や竹島問題で「日本人として魂が揺れた」「日本人は変わったと思う」と話し、
「我々は戦後、戦争のおわびを延々としなければって教育も受けた。それが、中韓に対していくらおわびしても同じじゃないか?

(という考えに変わった)」「中国と韓国は日本を許す気はない。被害を受けた国は200年忘れないという。
経済援助や橋を作るなどしたって、許してもらえるわけがない」との考えを明かした。

2日目からは、「朝鮮半島は何かあるたびに、恨み、憎しみを忘れないために記念碑を建てる」「韓国は弱者を徹底的にいじめる。
弱みを攻めるのが外交の手段」「勝つためには何でもやる」など、黄氏の韓国に関する批判的な記述を引用した。

また、FIFAが記録している過去100年のワールドカップにおける10大誤審のうち
4つを02年の韓国戦が占めていることについて「すごいですよね。偉い!何が偉いのかわからないけど」と皮肉っぽく語った。

ほかにも、日韓併合を推進していた韓国の政治家の子孫が、04年になって親日罪で財産没収の刑を受けた、
韓国は日本を許してしまうと韓国ではなくなってしまう、といった黄氏の韓国に対する見方を紹介した上で

「韓国の恨(はん)の思想がすごいですねぇ」と感想を述べていた。
http://www.j-cast.com/2013/01/18161909.html
動画
https://www.youtube.com/watch?v=csaEK7kFtn8

http://www.youtube.com/watch?v=e4cXhuf5vd4

姦酷は歴史をねつ造し、


  「 WW2前に臨時政府を樹立し ( 3.1運動 ) 、日独伊に宣戦布告。  ← はぁあ?
    その独立戦争に勝ち大戦を終わらせ ( 光復 ) 、地球に平和をもたらせた。  ← おいおい 」


というトンデモヒーロー物語を国民に洗脳。
憲法前文で ( ↓※ ) 、脳内臨時政府の 「 法統なる継承国 」 なんて書く始末。
醜いねつ造を国是とする、気ちがい敵国( 怒り )

既成事実化をでっち上げるため、SF講和条約発効前、アメリカ国務長官ラスクに
「 姦酷を連合国側の戦勝国とみなすニダ 竹島は姦酷領ニダ 」 と工作したものの


  日 本 の 戦 争 に 加 担 し た 姦 酷 が 、
  連 合 国 側 で 戦 勝 国 な わ け 、 ね ー だ ろ ー が( 失笑 )

  竹 島 も 日 本 領 だ


と一蹴され ( ラスク書簡 ) 墓穴を掘り、ポーランド同様敗戦国として国際社会に謝罪させられる立場に。
( 姦酷自ら希望した併合と異なり、ポーランドは一方的に軍事侵攻されたのに、WW2後謝罪した )

それで必死になって、竹島侵略とさらなるねつ造、反日で、戦争被害者を装い謝罪を拒否し続ける卑劣者( 怒り )

※ http://www.zephyr.dti.ne.jp/~kj8899/korea.kenpo.html
  > 三 ・ 一運動により建立された大韓民国臨時政府の法統及び、不義に抗拒した理念を継承し、

やられた方は一生忘れないよ

実態が知れ渡って世界から浮いてきた国

武田鉄也は随分前からこの番組で韓国批判してたけど、
ついに知れ渡ることになったか。

武田鉄矢がいうとインパクトあるな
次は愛川欽也の出番だな

芸能界から干されない程度に頑張って欲しい

ただの竜馬かぶれじゃなかったんだな

この話が広まればたかじんの委員会に呼ばれる日も近いな
体罰というリアルタイムなネタもあるしな

武田鉄矢。教科書で教わらなかった韓国中国の歴史①
http://www.youtube.com/watch?v=csaEK7kFtn8
武田鉄矢。教科書で教わらなかった韓国中国の歴史②
http://www.youtube.com/watch?v=BVJoWjj_p1U
武田鉄矢。教科書で教わらなかった韓国中国の歴史③
http://www.youtube.com/watch?v=haNGSw_yNI0
武田鉄矢。教科書で教わらなかった韓国中国の歴史④
http://www.youtube.com/watch?v=MC1l5QWhWQ0
武田鉄矢。教科書で教わらなかった韓国中国の歴史⑤
http://www.youtube.com/watch?v=Z-h-iSczPqk

ニコニコ動画では大人気→何故か音楽協会からの消去依頼で全消去

Youtubeも何時消去されるかわからない必見爆笑動画

武田鉄矢の絶妙な中韓に対する正論に爆笑もので

呉善花 韓国人の「恨」(ハン)
http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2012/10/blog-post_1.html

呉: 「恨」とは何かを達成できなかったとき激しく恨んだり、自ら不幸を嘆く気持ちですね。
    日本人の「もののあわれ」がある種の諦めの境地だとすれば、韓国人の「恨」とは
    それとはまさに対照的な精神です。
    東日本大震災の際、日本人は誰かを恨むことなく、それを受け止めているように
    私には感じられました。
    こんなとき、朝鮮半島であれば、まず自然を恨み、神を恨み、災難に遭った
    自らの不幸を嘆きます。事態を受け入れることなく、あくまで抵抗するのです。
    そこは、そういう神や自然に対して執拗に抵抗し続け、恨み抵抗心をバネにして
    生きていくのが人間だという考えがあります。

武田: 自分の苦しみに関して、自然や神様を恨むということですが、「自分が悪い」という
    ことにはならないんですか?

呉: 情緒的にそう思いたくない、ということですね。これは死に限りません。
    韓国人は自分の周囲で何か不幸や問題があったとき、自分ではなく、
    まず誰かのせいにしようというのが習性になっています。

武田: そうですか。日本人はどちらかというと、まず自分に問題がないかを考えますよね。

呉: ですから、こうした日韓の国民性の違いを両国民はしっかり認識すべきなのです。
    私が日本に来たときにいちばん驚いたのは、日本人が誰もアメリカに対して
    「恨」の気持ちをもっていなかったことです。
    「戦争はいけない」と、むしろ自国の責任を追及する教育がなされていたりして、
    じつに意外な気持ちがしました

↓今日も読んでくれてありがとうございます。!(^^)!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村
水戸市 不動産 鈴木企画
もうひとつのブログ「寝たい食べたい楽したい」               
by ssplan1950 | 2013-01-19 06:57 | へんな話