人気ブログランキング |

勝手なはなし

ssplan1950.exblog.jp
ブログトップ

「三島由紀夫割腹事件」若松孝二監督が映画化

“三島割腹事件”を若松孝二監督が映画化!『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』

http://www.cyzo.com/images/mishimayukio_01.jpg

 “キング・オブ・インディペンデント”若松孝二監督の『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(08)『キャタピラー』(10)に続く、
“昭和三部作”の完結編となる『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』。
1970年11月25日に自衛隊市ヶ谷駐屯地で割腹自殺を遂げた作家・三島由紀夫が日本の未来を憂う若者たちと「楯の会」を結成し、三島事件を引き起こすまでの軌跡を描いたものだ。
三島由紀夫役を演じたARATAが本作に出演したことがきっかけで、「アルファベット表記はこの作品に相応しくない」と本名の井浦新に芸名を改めるなど、男たちの激情が渦巻く力作となっている。



自衛官たちに向かって“改憲”を訴える三島由紀夫。本作をきっかけにARATAから改名した井浦新が渾身の演技に挑む。

 映画はまず、日比谷公会堂で演説中の日本社会党委員長・浅沼稲次郎が17歳の少年・山口二矢に刺殺される瞬間のニュース映像で幕を開ける。
沢木耕太郎のノンフィクション小説『テロルの決算』(文藝春秋)でも知られるショッキングな暗殺事件だ。
1960年に起きたこの事件を、若松監督は未成年者による殺人事件とは解釈せず、自国を愛するあまりに直接行動に出た17歳の少年の純粋さに共鳴している。
17歳のときに実家を飛び出して上京した若松監督は、この事件当時はまだピンク映画『甘い罠』(63)で監督デビューする前の何者でもなかった。
何者でもなかったこのアウトロー監督にとって、よっぽど忘れがたい事件だったのだろう。また、この国のことを憂いていたのは山口二矢だけではなかった。
獄中で山口二矢が首吊り自殺を遂げるシーンが映し出され、カメラがパーンすると、そこには書斎で短編小説『憂国』を執筆中の三島由紀夫(井浦新)の姿がある。
戦後の日本社会が物質的に満たされていく一方、日本人の美しい心がけがれていく。日本語による美しい文章を綴る三島由紀夫には、そのことが堪え難かった。


http://www.cyzo.com/2012/05/post_10691.html

 自衛隊を武士道精神を受け継ぐ拠り所と考えた三島由紀夫は自衛隊に体験入隊し、自衛官たちと交流を重ねていく。そして、若者たちに呼び掛けて、民兵組織「楯の会」を結成する。
運営費や制服代は、三島由紀夫の作家としての収益が当てられた。
1960年代の大学を吹き荒れた学園紛争に反感を感じていた民族派の学生・持丸博(渋川清彦)や森田必勝(満島真之介)らが「楯の会」に参加し、麗しき男たちの王国が築かれる。
国の未来を憂うことで一心同体となった彼らは、来るべき日のための訓練に汗を流し、酒を酌み交わし、『昭和残侠伝』(65)の主題歌「唐獅子牡丹」を朗々と歌う。
三島由紀夫夫人・瑤子(寺島しのぶ)は女の自分が立ち入れない“男だけのユートピア”がちょっぴり羨ましげだ。


多くの若者たちが三島のもとに集まるが、「楯の会」に入会するには自衛隊で1カ月以上の軍事訓練を体験しなくてはならなかった。

 三島由紀夫というとアブノーマルな作風からホモセクシャル疑惑がつきまとうが、若松監督はその点に関しては安易にスキャンダラスな描き方をしない。
その代わり、三島由紀夫と森田必勝らは一緒にサウナ風呂に入る。タオル一枚で全身から玉のような汗をダラダラと流しながら、男たちは熱く語り合う。
三島由紀夫を何よりも崇拝する森田必勝は「先生、ボクは死ぬことは怖くありません!」「この国のために、身を捧げることができるなら本望です!」と大きな目をギラギラさせながら三島に迫る。
ついに三島は「楯の会」の中から信頼できるメンバーを率いて、行動に出ることを決意。市ヶ谷駐屯地で自衛官たちの決起を促し、
その後“改憲”を訴えて自衛隊と共に国会を包囲するというクーデターを画策する。駐屯地に押し入る際の武器は、日本古来からの武器である日本刀のみ。
決起を誓い合った三島由紀夫と若者たちは、今まで感じたことのない究極の恍惚感に酔いしれる。

以下ソース

これ撮れるんなら普通に洋画の「MISHIMA」を国内で上映・販売してもらいたい

三島由紀夫の言うとおりのクソみたいな社会になってしまったな

首が中々落ちなかったとこもちゃんとやってんのかな

生きていれば、石原新太郎と同年代

↓今日も読んでくれてありがとうございます。!(^^)!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村
水戸市 不動産 鈴木企画
もうひとつのブログ「寝たい食べたい楽したい」               
follow me
by Marshmallow Studio





アニメ好きな男性について、あなたはどんな印象をお持ちですか?オタクっぽい、近寄りがたい、まるで少年のようだ……など、様々な答えが返ってくることでしょう。
漠然とした印象だけで、どちらかと言えば「自分には理解しがたい」と、その存在を遠ざけてしまっていませんか?

これと全く同じことが、女性にも言えるでしょう。昨今の韓流ブームやイケメンブーム、女子会という言葉の流行などなど、男性からしてみればイマイチ理解し難いような出来事がたくさんあるはずです。
また、最近では、ちょっとした価値観の違いで喧嘩が勃発してしまうカップルも多いのだとか。

そんな解決策としてまず女性にできることは、男性が好むものについて“なんとなく”で敬遠する前に、自分自身で一度徹底的に触れてみることではないでしょうか。

今日はそんなあなたにオススメ! 声優やアニメに詳しいMenjoy!ライターの牧田秀章さんに聞いた、“男心を知るために絶対見るべきアニメ”10個をお伝えします。
これであなたも男性の心を掴めること間違いなし!? 男心が、きっと手に取るようにわかるようになりますよ。

■1:『天元突破グレンラガン』
主人公の成長と名脇役のカッコ良さに、このところ男性ファンが急増中! 劇場版もすでに大人気だとか……。
なんといってもカミナというキャラクターの生き様が、男の中の男。かっこよくて、世の男性にとって憧れの存在とも言えるでしょう。
主人公はもちろんですが、意外と脇役のように“芯の強い男”に魅力を感じる人が多いのかもしれませんね。

■2:『Fate/Stay night』
10年前の世界を描いたスピンオフ作品『Fate/Zero』も人気ですが、男のかっこよさと言えば、この作品が欠かせないでしょう。
牧田さんおすすめの台詞は、アーチャーというキャラクターの「別に倒してしまっても、構わんのだろう?」だそう。
男性が同性のどんなキャラクターに魅力を感じるのか、是非一度確かめてみたいものです。

■3:『SLAM DUNK』
この作品は女性に中にもファンが多いでしょう。ひたすらかっこいい男たちがバスケットに打ち込む!
青春に物語がギュギュッと詰まっている一作です。努力や苦労を表に見せない主人公・桜木花道の男気に共感する男性も多いよう。
アニメを通して伝わってくる、男性たちの熱き戦いに、世の男性が心に秘めた情熱が垣間見えるはず。

■4:『CLANNAD』
「涙で画面が見えない」という声が続出したこの作品。家族をテーマに様々な角度から心情の変化が描かれています。
一言では語り尽くせない魅力溢れる作品ですが、とにかく多くの男性がこのアニメを見て泣いたという事実!
一体どこでそれほどまでに涙を誘うのか……。その目で確かめてみてください。

■5:『ドラゴンボール』
女性が幼い頃、お姫様に憧れていたように、男性の中ではこのキャラクターに強く惹かれた経験のある人が多いのではないでしょうか。
最大の魅力はズバリ“強い男”。そして、家族・友情・恋……。
その全てが詰まった不朽の名作を改めて見直してみると、意外と単純!? 男心にグッと近づけるかもしれませんよ!

■6:『マリア様がみてる』
女子校を舞台にした、この作品に登場する様々なキャラクターの女性たちこそ、世の男性の抱いている理想と言えるのかもしれません。
現実とは程遠い? いえいえ、男性に言わせると、だからこそ理想なんだそうですよ。理解できないという方は是非一度ご覧ください。
その華やかな雰囲気に、女性も案外ハマってしまうかも!?

■7:『トライガン』
開拓時代に西部さながら、無法の世界を描いたこの作品。主人公のヴァッシュ・ザ・スタンピードの生き様がカッコイイのですが、
なんといっても脇役のニコラス・D・ウルフウッドファンが男性には多いとか……
男性ってやはり脇役が好きなのでしょうか。熱き男たちの生き様をとくとご覧あれ。
■8:『AIR』
男性が感情移入してしまうヒロインが登場するのがこちら。ビジュアルアーツ系アニメで、『CLANNAD』と双璧をなす完成度を誇る泣きアニメとして知られています。
男性が注目しているのは薄幸のヒロイン・キャラクター。これまた男性の泣きポイントが数多く登場するそうなので、注目して男心を学んでみてください。

■9:『蟲師』
実写映画化としても記憶に新しい『蟲師』の世界観は、世の男性を虜にすると言っても過言ではありません。
「その情景描写やSEが最高!」と絶賛する声の多いよう。
レギュラーは主人公のギンコだけという珍しいアニメの形式で、オタクではない人が見てものめり込める作品となっています。

■10:『バジリスク ~甲賀忍法帖~』
原作がしっかりしているだけあって、アニメ自体も鉄板作品として男性からの評価が高い一作です。
内容は、伊賀の里vs.甲賀の里のお話で、互いの里の長である主人公とヒロインの葛藤が切な過ぎるとか。
「男から見て守りたくなるような女性ってどんな人?」と思ったら是非、これを見て参考にしてみてくださいね。

いかがでしたか?全10作品を通して、なんとなく男性がアニメに求める理想像が見えてきたのでは……? 是非、参考にしてみてくださいね。
http://www.men-joy.jp/archives/52150
http://www.men-joy.jp/archives/52159

初恋限定。がない
by ssplan1950 | 2012-06-01 15:29 | へんな話