人気ブログランキング |

勝手なはなし

ssplan1950.exblog.jp
ブログトップ

「居酒屋のビールは中ジョッキのほうが高いけど、じつは小と量は同じ」

――そんな都市伝説、聞いたことありませんか?

猛暑&節電にあえぐ今年の夏、そんな聞き捨てならない噂の真偽を確かめるべく、有名チェーン店
居酒屋に計量カップを持ち込み、覆面調査を敢行した!

まず1軒目は、グループで数百店舗を数える大手居酒屋チェーン店。ビールの小と中ジョッキを
注文し、店員さんから冷ややかな目で見つめられる中、計量を始める。見た目では、小と中の差は
ひと回り、といったところか。

結果は、小(379円)に200cc、中(479円)には270ccのビールが注がれていた。量と値段の関係に
問題はない。しかし、中ジョッキの量がじつは他店の小と同じ、という恐るべきカラクリを、取材を
通じて我々は知ってしまった....。

2軒目の焼き鳥居酒屋、3軒目のダイニングバーでは、なんと中と小の量がほとんど同じ、という
結果に。これは、まさに冒頭の都市伝説そのままの結果ではないか! よく見ると、ジョッキの
底やガラスの厚さを変えて、大きくても中身は少なめ、という状態にしているようだ。

そして、驚く結果が出たお店も。ヘルシーメニューで女性にも人気の某和風居酒屋では、中が240ccで
410円、小が270ccで347円。小が中より量が多いという、逆転現象が起きていた。小が「ピルスナー
と呼ばれる、ほかのお店より大きめのグラスで提供されたのが原因と思われる。

今回の調査の結果、分かったのは、一部例外のお店を除いて「どうせ2杯飲むんだから中ジョッキに
しよう!」という発想は間違いということ。小ジョッキを何度もお代わりしたほうがお得なのだ。
もちろん、店員さんのビールを注ぐテクニックにもよりますが。

※ビールは計量後、スタッフがおいしくいただきました

●画像 http://amd.c.yimg.jp/amd/20110826-00000301-jisin-000-0-thumb.jpg

◎女性自身
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110826-00000301-jisin-ent

外食産業のいろんな意味での汚さをどんどん世間に浸透させろ。

あと、発泡酒や第3のビールをいかにもビールみたいな表示にしている店も問題だと思う。
生中の中身はビールとは限らない・・・
モンテローザがそんなんだよな
それも会社ぐるみだったから確か訴えられんだよな

中って缶ビール程(350ml)も入ってなかったのか
居酒屋のビールっていわゆる発泡酒だろ?

昔はレギュラーサイズの生ジョッキは435ccの物だったんだよ。
435ccは口までの容量なんで、泡の分を差し引くと実用量は8割で約350ccだ。

取っ手がついてるいわゆるジョッキ型のを435(ヨンサンゴ)ジョッキ、
ハイサワー型のグラスは435タンブラーと呼んでた。

435より一回り大きい520ジョッキというのがあって、これで生ビールを出すと
いわゆる「生中」というやつだった。その上が630ジョッキというのがあって
これが「生大」。

それが今は、「生中」なんて言いながら実は380型のジョッキを使ってる所が多い。
520型のジョッキもいつの間にか500型になってる。

ジョッキはどんどん小容量化してる。
b0163004_13354843.png


↓ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
水戸市 不動産 鈴木企画
にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村
いま、ここにいます。
b0163004_120323.gif

                http://www.v2p.jp/video/
                パソコンでテレビとラジオ
                もう一つのブロク
                 サイエンスチャンネル
follow me
by Marshmallow Studio

新製品が安いケーズデンキ




http://kakaku.com/item/K0000065620/?lid=ksearch_kakakuitem_title

http://www.mactechlab.jp/products-report/7866.html
by ssplan1950 | 2011-08-31 14:56 | へんな話