人気ブログランキング |

勝手なはなし

ssplan1950.exblog.jp
ブログトップ

コメントランキングついでに 韓国ドラマ

コメントランキング
1.鳩山首相思わぬ「ブーメラン」 秘書逮捕なら「辞任」?
2.民主「過去との矛盾」また露呈 今度は「機密費」でウソと豹変
3.鳩山内閣の正念場 支持率下落に税務申告漏れ

http://www.j-cast.com/2009/11/02053107.html
「韓流」ブーム終わった 映画観客、旅行者がた落ち

「韓流ブーム」がとうとう終わったようだ。韓国映画「シュリ」などを日本に紹介し「韓流ブーム」火付け役を担った芸能プロダクション大手、アミューズが2007年2月14日に07年3月期連結決算の予想を発表したが、収益の柱としていた韓国映画の観客動員、DVD販売ともに計画を大幅に下回った。日本から韓国への旅行者も減り、03年の「冬ソナ」以降続いていたNHKのBS2の「韓国ドラマ枠」も07年4月から無くなるという。

ワンルンの大地 -韓国ドラマ-を見始まりました



都市開発で一夜にして百姓から土地成金になった
ワンルンの家族と周辺の小市民たちの物語を ユーモラスに、感動的に描くドラマ「ワンルンの大地」
*ソ・ジソプ、チャン・ヒョク出演作

■出演
ソ・ジソプ、チャン・ヒョク

■話題
個性的なルックスに白い靴、ヘンテコなスカーフといういでたちで、視聴者を仰天させたクウェート・パク、とてつもない土地長者ながらドケチのワンルン、生涯口答え一つ出来ず夫に服従してきた、典型的な農家の嫁オランなど、いきなり大金を手にした人間たちの目標を失った疾走を描いて、1980年代 KBSで放送され、大人気を博した「ワンルン一家」。 “芸術(ダンス)” “プラスチック・ラブ(プラトニック・ラブ)” など、 多くの流行語を残し、演劇界の実力派の役者たちを 一夜にしてスターダムに押し上げたドラマ。
彼らがSBSにテレビ局を替え、「ワンルンの大地」という名で再登場する。

■あらすじ
ワンルンは、新都市開発の恩恵で土地成金になったが、以前の生活を変えようとしない。
飲み屋をしていたウンシルはビアホールの主人に変身し、クウェート・パクとの“プラスチック・ラブ”(プラトニック・ラブ)は同棲に進化した。反抗期の新世代ボンピル(チャン・ヒョク)を中心に、ボンピルが愛するファジョン(パク・シウン)、ファジョンが想いを寄せている国立大学の法学生で、クウェート・パクの息子ミノ(ソ・ジソプ)、ボンピルを好きな不良少女ヨンスク(ペ・ミニ)が登場する。土地成金になったが、相変わらずケチでしみったれ、野良仕事しか知らない典型的な百姓であるワンルン(パク・インファン)は、金目当てで近づいてきた“ギョハさん”(キム・ジャオク)の媚に陥落、年甲斐もなく浮気に走る。
中東ブームの時、クウェートの工事現場で覚えたダンスで食いつなぐクウェート・パクは、老いて落ちぶれたツバメとして登場する。踊りすぎでヒザの軟骨が擦り減り、ビッコを引いて歩いているが、クウェートで稼いだカネと、女たちからダンスで巻き上げたカネを病気の女房につぎ込む純情な人物だ。
大学には行かないと予備校をサボってばかりのボンピルも、のらくら者とは距離を置いた人物として描かれている。
ワンルンの娘ミエと近所の納屋にカフェ・リオを構えたギョンブン(パン・ウンジン)とギョンミン(ソン・ドンイル)など、個性的な面々がドラマを盛り上げるのに一役買っている。

土地成金と何もできない息子  30年前の郊外の様だ

↓ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
水戸市 不動産 鈴木企画

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村
by ssplan1950 | 2009-11-10 07:13 | へんな話