勝手なはなし

ssplan1950.exblog.jp
ブログトップ

最新式のお墓は「全自動」 大阪初のカード式

 大阪府吹田市にある常光円満寺。1280年の歴史があり安産などを祈願するお堂があります。10日の大阪府の最高気温は35度。お盆のお墓参りは、厳しい暑さがつきものです。

 「暑いですわ、来るだけで暑い」(参拝者)

 そんな中、暑さと無縁のお墓参りがあるといいます。永代納骨堂、舎利殿の2階に上がると、なにやらブースで区切られた場所が現れました。

 「このカードをカードリーダーの前にかざしていただくだけでございます」(常光円満寺 藤田晃秀副住職)

 カードをかざして、30秒から50秒待つと…扉が開いて、お墓が現れました。お墓や花は据え付けで、真ん中の部分の箱だけが家族ごとに入れ替わるというのです。秘密は裏にある機械室。お骨の入った箱が所狭しと230。カードで認識されると自動で動き、据え置きのお墓にセットされるのです。

 Q.外のお墓の方がいいというのは?

 「思いません。あたしら全然。最高やね。草抜きも業者に頼んでたんですよ。それもないからすごい楽ですね。涼しいし」(参拝者)

 ちなみにお墓の横のモニターには思い出の映像が。

 「スライドショーを作らせていただくので、これは本当にみなさん喜んでくださってます」(常光円満寺 藤田晃秀副住職)

 写真とともにうっすら聞こえるBGMは「ただ逢いたくて」

 「曲はうちの方に24曲サンプル曲がございまして、お寺の者みんなで選んだんですけど」(常光円満寺 藤田晃秀副住職)

 従来のお墓に参拝する人は全自動型をどう思っているんでしょうか。

 「なんか違いますよね。お墓参りという感覚とは違いますよね」(従来のお墓の参拝者)

 「ちょっと違和感がある」

 常光円満寺では去年1年間で従来のお墓の契約数が2基だったのに対し、カード式のお墓は1年で150件の申し込みがあったということです。

 「どういった形であってもお参りする心は変わらないと思いますので」(常光円満寺 藤田晃秀副住職)

b0163004_06084018.jpg


ほんとうは前面の家名プレートだけが変わっているのだったりして。

位牌と骨は、子孫用
浮遊霊は、死亡したところが墓地

本気で信心してる人なんてもういないんだし献体なり散骨でいいじゃん
死んだら終わり死体は誰かの役に立てるなり自然の一部にでも返してくれ

ここまでするなら
家の仏壇に遺骨を入れとけよ。

ブロクランキングに参加しています。よかったらポッチとしてください♡


by ssplan1950 | 2017-08-12 11:00 | へんな話